ノーローンのサイトです。
毎月 pluginspage 圧縮 佐賀 不要 理由 期間 減っ キャンペーン コンサート 害し かえって 阪神 奈良 用語 ニュース 収入 あなた 試し チラシ 害し 尼崎 書面 証書 対応 感じ うれしい 損金 十分 借りる

売らとは?/ ノーローン

[ 552] 404 Blog Not Found:雑誌は売れないのか売らないのか
[引用サイト]  http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50775212.html

のデータを再加工したものだ。赤が合州国、青が日本だ。双方とも単位は億部。合州国は平均発行部数、日本は年間合計という違いがあるが、ここでは推移を見たいのでその違いは関係ない。見ての通り、合州国においては雑誌も案外健闘していることが分かる。
合州国と日本では、雑誌のビジネスモデルそのものが違うということになる。合州国では、雑誌はプッシュ型のメディアで、日本ではバラ売りが基本のプル型。なぜなのだろうか。
物流コストがべらぼうに違うかというと、そんなことはありえない。かつては郵便局の独占がそこに立ちはだかっていたかも知れないが、今は違う。実際通販のカタログなどは、今や郵便ではなくメール便で来ている。新聞配達のインフラだって使おうと思えば使えるはずである。
雑誌の凋落に関しては、日本のどこを見回しても諦めムードばかり目がつく。いずれは紙の雑誌はなくなり、完全にネットに移行してしまうのかも知れない。しかしそうなる前に出来る事はいくらでもあるはずだし、将来はとにかく今のところWebはトイレや満員電車で読むわけに行かない。ケータイならそれも可能という人もいるかも知れないが、パソコンですら解像度が足りないグラビアをケータイで見たいとは思わない。紙の雑誌も、少なくとももう10年は頑張ってもらわないと困るのではないか。
弾ちゃん。俺は人類への三度目の核攻撃を防ぎに、スクウェア・エニックスに行くつもりだ。よかったら、一緒に働かないか?
いや、もちろん承知の上で問いを投げかけてるんだと思いますが、やっぱり再販制度で守られたなかで新しい販売チャネルを開拓してこなかった出版社が、だんだんと疲弊しつつあるんじゃないですかね。海の向こうとこちらで違うところというと、やっぱりそれしかない。
雑誌の宅配定期購読やローテーションは、日本では日経BPの一人勝ちですよね。ほかの出版社はIT系でも何度もチャレンジしてるけどうまくいかない。BPは、もともと海外からあの手法を輸入しているわけで、けっきょく「日本的手法」が行き詰まってるとしか言いようがないんじゃないかと。
が過労で雑誌を読む時間がないせいなんじゃないか…と思ったりもします。20〜30代の会社員って、会社にこもりっきりでテレビのニュースやドラマも視てないですからね。なんか、そういう傾向がどんどんひどくなっていってるのが、最近の雑誌・音楽業界の縮小につながってるんじゃないかなあ。
ついた直後にも誰かコメントしてましたが、この右下の ブ ラ ク ラ なんとかならないでしょうか。
単に雑誌が読まれなくなったからなんじゃないですか。今まで雑誌は移動中の暇つぶしのために買われていたのが、すべてケータイに奪われたってことでしょう。私も駅の売店や待合室なら週刊朝日を手に取ることもありますが、家に届いても読みません。他にやることいくらでもあるもの
書籍を守るはずの再販制度がここへ来て疲弊してきてますね。価格が維持でき、書店も返本可能な制度にあぐらをかいた結果、乱造乱発が起き、雑誌のみならず一般書籍も飽和してます。
また、時間を占有するメディアは他にも沢山あるわけで、結果的に雑誌は売れなくなったのでは? 一般書籍は伸びてますが、雑誌とは性質が違いますからね。
都市部の駅などで見かけるフリーペーパーも雑誌として見るならば、さほど減っては居ないのではないかと思います。
あと、日本の本は委託販売みたいな形式と聞いているので、定価を安くすると問屋や小売りに怒られるのでは無いかと想像します。
町人Bさんのいうように、大手出版社は取次ぎや書店との関係を悪化させたくないので、大幅な値引きができないということでしょう。大手は歴史的に取次ぎ会社とずぶずぶの関係を維持しており、新興出版社よりも格段に低いコストで流通を委託しています。詳しい数字は知りませんが、同じ100円の雑誌を同じ部数売っているのに、取次ぎから出版社への入金は大手70円、新興60円だったりします。取次ぎは一種のプラットフォームビジネスですが、こんな不公平をやっていたら、プラットフォーム上で新たに商売をしようという起業家は現れません。能力や熱意のある人は、当然ネットとかほかの市場に行くでしょうね。現状の小さなビジネスを守りたい人たちが、雑誌全体をつまらなくし、マーケットを殺そうとしているということだと思います。
定期購読専門誌を除き、一般雑誌や週刊誌は新聞と一緒で、広告掲載費で成り立っているので、発行部数はどうでもいいのでは?(そうでないのもあるが)。再販制度も新聞配達店を守るのと同じ論理で、本屋を守るため。
公証部数が減ると広告を掲載してもらえなくなるので命取りですなあ。つまり雑誌の廃刊されるか否かは売れた売れないではなくて広告掲載ってことだと認識しておりますが。
強者はなぜ遠くの弱者にばかり手を差し伸べるのか?(本当に)試験に出るブログ・絵文録ことのは (絵文録ことのは)
強者はなぜ遠くの弱者にばかり手を差し伸べるのか?二冊同時に買ってください (若だんなの新宿通信)

 

[ 553] Amazon.co.jp: できる社長はネットで売らない―WEB化社会の営業革新: 吉本 俊宏: 本
[引用サイト]  http://www.amazon.co.jp/a?§a??a??c??e?・a? ̄a??a??a??a?§a£2a??a?aa??a?WEBa??c??a??a?Ra?¶a\-e?ca?°-a??a?¬-a??aR?/dp/4822262138

対象商品であれば、購入金額にかかわらず、配送料が無料になります。つまり、無料配送サービスの最低購入金額(1,500円)を意識せずに、お買い物をお楽しみいただけます
プライム会員は、対象商品の購入の全てについて、通常配送又はお急ぎ便配送を無料(本規約中のその他の制限や条件にご留意ください)で受けることができます。但し、これらの配送オプションは、当サイトの在庫状況、注文期限及び一部については発送地域により限定されます。プライム会員は、同一の住居(同一住所)に住む家族を2人まで追加費用なしで家族会員としてプライムに加入させることができます。(20歳未満の会員は、その親権者又は後見人の関与なしにAmazon.co.jpのサイトを利用することはできません。)プライム会員は、いつでも家族会員の変更又は退会をさせることができます。家族会員は、プライム会員が会員を辞めた場合又はプライム会員により退会させられた場合には、自動的に家族会員の地位を失います。プライムは、法人利用、又は営利目的、業務目的若しくは再販売目的のお客様にはご利用頂けません。
プライムの対象は、Amazon.co.jpがwww.amazon.co.jp上で販売する特定の商品で、沖縄及び一部離島を除く日本国内を発送先とするものに限られます。当サイトは、都度当サイトの判断により、例えば設置が必要となる大型商品又は重量商品、危険物として規制されている商品その他発送に関して特別な配慮が必要な商品を、プライム対象外商品とすることができます。また、第三者により、又はAmazonマーケットプレイスなどの第三者販売プログラムを通じて販売される商品は、プライムの対象ではありません。なお、プライムの対象商品である場合には、当サイトのウェブサイト上に、それが明示されます。
お客様は、プライム会員に登録し、プライムを利用するために、Amazon.co.jpのアカウントを取得しなければなりません。当サイトは、当サイトの判断により会員登録を受入れ又は拒絶する権利を有しています。お客様は、上述の家族会員によるプライムの利用方法を除いては、自己の会員資格又はその特典を譲渡又は移転することはできません。プライム対象商品であっても、場合により注文や取扱いに関する料金又は税金がかかる場合があります。支払い方法が代金引換の場合は、別途代引手数料が請求されます。もし、お客様が注文する商品の一部がプライムの対象商品ではない場合には、お客様はかかるプライム対象外商品について所定の配送料を支払うことになります。また、注文の変更やとりまとめ、送付先、配達時期又は配達方法の変更は、プライムの適用について影響を与えることがあります。以下の点に注意して下さい。
通常配送及びお急ぎ便配送オプションは、お客様への配達予定日を決定するためのものです(これらのオプションは、商品の入手可能性や当サイトの発送予定日を反映するものではありません。)。
当サイトは、当サイトの判断において、陸路又は空路から発送することができます(これらのオプションは、運送方法の指定サービスとは異なります。)。
プライムの年会費は、3900円です。この年会費は、以下に明示的に規定する場合を除き、払戻しされません。翌年についてのプライム会員登録の更新前に、お客様が退会したい旨を当サイトに通知しない場合には、お客様の会員登録は自動的に更新され、お客様への通知なくして、当サイトは、お客様が登録された支払い方法に基づき、その時点で適用される年会費及び税金の支払を受けることができます。
Amazonプライムの会員は、会員登録後、サービスを共有できる家族の方も含め、一度もサービスを利用されていない場合は、キャンセルすることができ年会費の払い戻しを受けることもできます。
当サイトは、お客様に対し様々なプライム無料体験その他の会員の募集をすることがあります。無料体験会員は、当該会員募集の際に特別に規定されたものを除き、本規約の条件に従うものとします。無料体験会員はいつでも、無料体験期間の終了の際に、Amazon.co.jpのアカウントサービスを通して年会費を負担するプライムの会員登録をしないという選択をすることが可能です。
当サイトは、当サイトの判断により、お客様に何らの通知なくして、本規約、Amazon.co.jpの利用規約やプライバシー規約又はプライム会員に関する事項について変更することができます。しかしながら、年会費の増額については、会員登録を更新するまでは適用されません。また、当サイトが通常配送、お急ぎ便配送オプションの配送を有料としたり料金を値上げする場合、又は当サイトが、お客様が加入させることができる家族会員の人数を減らす場合には、その変更が生じる少なくとも30日前にEメールによりお客様にその旨を通知します。もしお客様がこれらの変更の実施前に退会される場合には、当サイトは、残りのプライム会員期間(但し、一ヶ月単位で残っている期間に限る)を基準に、年会費の割合的払い戻しをします。この払戻オプションは、当サイトが行なうその他の変更には適用されません。万が一、これらの変更が違法、無効又は何らかの理由により強制力がないと判断された場合でも、これにより、その他の有効かつ強制力のある変更又は条件は影響を受けることはありません。当サイトが本規約等を変更した後に、お客様がプライム会員登録を継続する場合には、お客様はその変更に同意したものと見なします。もしお客様がかかる変更に同意しない場合には、お客様はプライムを退会しなければなりません。
当サイトは、当サイトの判断により、お客様に通知なくして、プライム会員登録を解除することができます。もし当サイトが解除を行う場合には、当サイトは、残りのプライム会員期間(但し、一ヶ月単位で残っている期間に限る)を基準に、年会費の割合的払い戻しをします。しかしながら、当サイトが、お客様の行為が本規約又は法律違反、会員特典の詐取又は悪用並びに当サイト又は他の会員の利益を害するものと判断し解除する場合には、年会費の割合的払戻しはいたしません。当サイトがお客様に対して本規約の各規定を厳格に遵守するように要求しなかったとしても、それは当サイトの権利の放棄を意味するものではありません。
Amazon.co.jpの利用規約中の責任の限定及び免責に加えて、当サイト若しくはその取締役、役員、従業員、代理人若しくはその他代表者は、プライムに起因若しくは関連する直接的、間接的、特別、偶発的、必然的又は懲戒的な損害賠償又はその他の損害賠償について責任を負いません。当サイトの契約上、保証上、不法行為法上(不作為も含む)又はその他の責任限度額は、お客様が支払った直近の年会費を上限とします。 これらの免責及び責任の限定は、法律上許容される限度において適用され、退会又は解除によりその効力は失われません。お住まいの国や地域によっては、法律により、特定の損害について免責又は責任限定が許されません。もしこれらの法律がお客様に適用される場合には、上記の免責又は責任の限定の規定の全部又は一部は適用されず、お客様は上記規定に関係なく損害賠償請求ができます。
下のボタンをクリックして今すぐお申し込みいただけます。お申し込み完了後、この注文に新しい配送料が適用されます。今回お申し込みされない場合でも、申し込みページからいつでもAmazonプライムの会員登録ができます。
後でお申し込みされる場合は、この注文にAmazonプライムのサービスは適用されませんのでご了承ください。
支払い情報は最新のものですか? 指定したクレジットカード番号や有効期限を更新する必要がないか、必要に応じて確認してください。
配送方法はお急ぎ便ですか? 商品詳細ページの右側にある通常の1-Clickボタンを使用する場合は、お届け先への配送方法を確認してください。Amazonプライムのサービスを便利にご使用いただくには、配送方法を通常配送からお急ぎ便に変更する必要があります。
1-Click機能を利用して注文するのではなく、ショッピングカートを使用して注文する場合は、ショッピングカートに商品を入れて通常どおりレジに進んでください。「注文内容」ページには、以下が表示されます。
できるだけ早くお届けするように、商品は初期設定で「準備ができ次第発送」されるように設定されます。追加料金は発生しません。
家族に登録案内をおくるには、名前、続柄、Eメールアドレス、誕生日をそれぞれのフィールドに入力して、「登録案内を送る」をクリックします。入力したEメールアドレス宛てに、Eメールが自動的に送信されます。登録案内を受け取られたご家族の方はEメールの中にあるリンクをクリックし、サイト上にて登録手続きを完了してください。なお、登録案内を送ったお客様の誕生日を入力する必要がありますのでご注意ください。
家族会員を削除するには:削除する家族名の横にある「削除」ボタンをクリックします。削除された家族会員には、お知らせEメールが自動的に送信されます。
お急ぎ便は、日本国内への発送のみにご利用いただけます(一部地域を除く)。お急ぎ便対象外の商品については、通常配送をご利用いただけます。
このサービスは、法人アカウントをお使いの方、業務目的で商品を購入する方、再販目的で商品を購入する方はご利用いただけませんのでご了承ください。
Amazonプライムのサービス対象商品がご注文の一部に含まれる場合には、対象外の商品には該当する送料が請求されます。
商品は陸路または空路を使用して発送されます。このオプションは配送業者指定の配送サービスとは対応しません。
Amazonプライムの会員は、会員登録後、サービスを共有できる家族の方も含め、一度もサービスを利用されていない場合は、キャンセルすることができ年会費の払い戻しを受けることもできます。
会員登録は、毎年自動的に更新されるように設定されています。「アカウントサービス」から会員ページにアクセスすれば、自動更新しないように設定したり、更新時に支払い方法を変更することもできます。
下のボタンをクリックすると、上記の商品をショッピングカートに入れるとともに、年会費¥ 3,900でAmazonプライムの会員登録の手続きができます。年度の年会費、¥3900 は、お客様が選択したクレジットカードに請求させていただきます。また、お客様がAmazonプライムの会員登録を更新し続ける場合は、毎年、このクレジットカードに請求させていただくことになります。会員登録は、「アカウントサービス」でいつでもキャンセルすることができます。会員登録をキャンセルすると、次年度の年会費は、クレジットカードに請求されません。また、Amazonプライムの特典を一度も使っていない場合、会員登録をキャンセルし、年会費の全額返金を受けることができます。有効期限切れなど、なんらかの理由によりご指定のカードが使用できない場合、アカウントサービスに登録してある別のクレジットカードを選択させていただきます。
下のボタンをクリックすると、会員規約に同意したことになり、登録されているクレジットカードに年会費を請求します。
今から以内にレジに進み、「お急ぎ便」オプション(有料)を選択して注文を確定されたご注文が対象です。 詳しくはこちら
◆出版社 / 著者からの内容紹介「あなたの会社のホームページは、なぜ、役に立たないのか?」この疑問に答えるのが、本書の目的である。本書は、2年間で1,256社ものホームページ制作をネットで受注した著者が、ネットで新規開拓する秘訣をまとめたものである。「なぜ我が社のホームページは役に立たないのか?」「それは、ホームページで売ろうとするからです。」ネットで売るのではなく、営業マンに売らせるためにホームページを活用する、という本書の逆転の発想は、読者にとって目からウロコであろう。自社のホームページの活用に悩む、経営者や営業マンにぜひ読んで欲しい一冊である。◆著者からのコメント本当にホームページで売れると思いますか?平均的なホームページの月商はわずか2万円です。買い物カゴをつけてもモノは売れません。売るのは営業マンに任せた方がはるかに簡単です。ホームページを使って、営業マンの前にお客さんを連れてきてあげることが、売上アップの秘訣なのです。カタカナの専門用語がよく分からない!そんな声をよく耳にします。でも、経営者がネットの専門技術を身につける必要はありません。経営者に必要なのは、ホームページ活用の方針を考えること。ホームページを自社の営業プロセスにどう位置づけるのか、それを考えることが成功のポイントです。ホームページが役に立たない、とお悩みだったら、「ネットで売ろう」と考えないで、「営業マンや店舗で売るために、ホームページをどう活用するか」という風に考えてみてください。そのためのヒントが本書に書かれています。
私はフリーで制作を行っているのですが、特に小さい企業の方に対して
どうやったら効果を出せるWebサイトをを作れるか、日々悩みの種でした。

まだ斜め読みしただけですが、この本からは、色々とアイディアを
得られました。

また、実際のお客さんとのやり取りの経験が元になっているようで、
いわゆるリアリティの無いIT啓発本ではないですね。

私はこの人とは同じパイを取り合うコンペティターではありますが、
参考になりました。Webサイトを運営するいわゆるお客さん方だけではなく、
制作会社の人間も、一読の価値ありかと思います。
「できる社長はネットで売らない」・・逆説的なタイトルで中身はインターネット販売の
ハウツーだろうとの先入観で読み始めました。読んでいくうちに、タイトルどおりの内容
だとわかりました。インターネット営業というと楽天のような買い物カゴをつけた販売サイトを考えてしまうが、インターネットを集客の手段、販売は従来のやり方で行う、と割り切るという著者の意見になるほどと思いました。
じゃあ、どうやって効果的に集客するの?というその後の疑問に、著者は分かり易く回答
してくれています。
筆者自身の体験をベースにネットが苦手な経営者が、
どのようにネットを活用していくかについて書かれています。

多くの企業が小売や通販をしたことがないのに、
何故かネット=通販を考える経営者が多いことに注目し、
それをやるべきではないと指摘した上でどうすべきかを詳しく説明していますので、
よくある「ネットビジネスは儲かる!」系の本ではないです。

第一章ではネットが苦手な経営者の陥りやすいミス
第二章〜四章まではネット社会の説明
第五章〜七章までは具体的な戦略の立て方
第八章はネット向けの人材の説明と若干の筆者のサイトの宣伝

となっていますので、
現在の自社ホームページの状況と比較しながら読んでみると、
得るものがあるかと思います。

私自身、同業種ではありますがとても参考になる本だと思います。
ネットの事をあまり知らない経営者に一番お薦め!ネットの専門用語を知らない方にとっても、ネット全体の様子がわかりやすい文章で書かれているので、読みやすく構成されて...
※ 「この商品について語る」では、「この商品について語る」ガイドライン等に基づき、評価の高低等にかかわらず、お客様の自由な投稿を掲載しています。商品のご購入の際はお客様自身でご判断下さい。
製品詳細ページやサーチ結果を表示した後、興味のあるページに戻る簡単な方法についてはここを参照してください。右の列には、ショッピングセッションのお役立ち情報が表示されます。

 

戻る

ノーローンのサイトです。

ノーローンのサイトです。