ノーローンのサイトです。
用い 昭和 壊せ 新生 守る 新着 おすすめ 中心 ピンチ サラ金 オリックス ログイン 基準 四国 都道府県 或いは 残り そこで 当然 携帯 守る 運営 日本 ローン 最大 オススメ アルファ アルファ 無理 言っ

数えとは?/ ノーローン

[ 269] れとろげーむまにあ: アレフガルドの人口を数えてみた
[引用サイト]  http://nesgbgg.seesaa.net/article/87395204.html

意表を衝かれました(笑)119人…戦闘やストーリーとの兼ね合いもあってもっと多くの人が存在すると感じたものですが…200に満たぬとはwFFでもそうですが、1〜2作品のみの技・魔法って結構多いですよね。道具や施設で代用できる魔法は使用頻度が低くなりがち(苦笑)
冷めた目線でコメントすると、ソフトの容量や開発締切の関係で、必要な部分しか描写されてないから仕方ない部分がありますね。実際のデータは攻略本におおよその人数が記載されてまして、ドラクエ兇了点でアレフガルドは一都市につき数十万人が住んでいます。
兵士+戦士の総人口は36人ですか総人口の3分の1が戦闘職だなんて!よく社会が成り立つもんですあと、女性はローラ姫含めて13人しかいません。総人口の8分の1です。これでは男性がかわいそうです。
ラゴスが持っていたのは水門の鍵さらにアバカムでは開けれません。牢屋の鍵はラゴスがいた町で売ってます。(道具屋の空白)
>ふじおかさん119人、ちゃんと調べたつもりなんですけど、間違ってたらすいませんです。時間があれば他の作品も調べてみたいですね。膨大な時間がかかるでしょうけど・・・>じぇふ茶さんネタ何かないかなと仕事中考えてたら、ふと浮かんだものですから(仕事しろよ)。確かにFFでもいろいろあったですね。使用頻度が少ない魔法は消えていったんでしょうけど、機会があれば続編で登場させ、ファンをニヤリとさせてほしいものです。>MELさんバカらしい企画ですがお褒め頂きアリガトです♪レムオルは姿を消す魔法でしたっけ?いや、少し体が浮く魔法だったような・・・記憶が曖昧です。靴世嬰仂譴ー。>しかとさん好リアしたんですが、すっかり忘れてしまいました。ビアンカと2人で夜行動するところでしたっけ?ご指摘ありがとうございました!>よよよさんコメントありがとです。私も年のせいか、すっかり忘れてしまいました。時間みて攻略サイトで復習してみます♪>名無しさん的確なご指摘ありがとうございます!おっしゃるとおり、容量の問題でしょうね。人口が少ないなりにも住人のコメントは重要なものが多く、話を聞く事がとても必要な行動だったですね。>ドラクエ兇了点でアレフガルドは一都市につき数十万人が住んでいます。非常に参考になりました。ありがとうございました!>名無しさん2総人口だけしか載せませんでしたが、キャラごとに数字出せばよかったですね。戦士系が3分の1、女性は8分の1・・・野郎ばかりっすね(笑)。>名無しさん3ご指摘ありがとうございます!すいませんでした。訂正しておきます。誤字脱字多いのでご不便おかけして申し訳ないです。>名無しさん4コメントありがとです。しかとさんにもご指摘ありましたがそうみたいですね。ありがとうございました!>mactacosさんご指摘ありがとうございます!そういえばそうでした・・・は、恥ずかしい・・・記憶で書いたので、曖昧になってました。恥ずかしいので記事も訂正しておきますです。助かりました。またおかしな事書いたら限りなくツッコんでいただけると幸いです(笑)。>名無しさん5そのようですね。誤ったことばかり書いてしまい申し訳ございません。ちゃんと調べてから書くことに致します。ありがとうございました!
>名無しさん76にもマダンテでてたのですね。6は転職のところまでいったんですが、クリアしなかったので知りませんでした。そうするとファミ通はネタバレ防止の為に載せなかったのかもしれませんね。>二条ジョウさん安易な企画ですが、そう言って頂けると幸いです。兇皀▲奪廚靴泙靴拭チ汗こΔ凌邑じゃないですけど・・・
オリジナル版とリメイク版を区別しないといけませんね。3のレミラーマ、3と5のフローミなんかはリメイク時に追加されたものだと思います。
ニンテンドウ64の作品。シレンが子供の頃の物語。美麗グラフィックに加え、城を作る作業が楽しい。個人的にシレンシリーズで1番好き。最新作のデキはどうなのでござろうか。

 

[ 270] 2007年8月 ペルセウス座流星群:国立天文台
[引用サイト]  http://www.nao.ac.jp/phenomena/20070811/

国立天文台では、多くの方に夜空を眺める機会を持っていただこうと、8月に活動するペルセウス座流星群を対象にして、「夏の夜・流れ星を数えよう」キャンペーンをおこないます。ペルセウス座流星群の活動が活発になる8月11日の夜から14日の朝(15日の朝までに延長しました)にかけて、15分以上夜空を眺めていただき、その間に何個の流れ星を見ることができたかを報告ページから報告してください。
流星の出現数が多くなるのが真夜中過ぎから明け方のため、少し大変かもしれませんが、夏休みやお盆休みの方も多いと思いますので、ゆっくりと夜空を眺めてみませんか。携帯電話からでも参加できますので、これまで流星を見たことのない方なども、ぜひお気軽にご参加ください。
曇ったり流星が見えなかったというのも立派な観察結果ですので、是非報告してください。また、ご家族や友人など何人かで観察をしたときには、なるべく各人が別々にご報告ください。
流星(「流れ星」とも言います)とは、宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度のチリの粒が地球の大気に飛び込んできて、大気と激しく摩擦を起こし、高温になると同時に光って見える現象です。
彗星はこのようなチリの粒を軌道上に放出していて、チリの粒の集団は、それを放出した彗星の軌道上に密集しています。彗星の軌道と地球の軌道が交差している場合、地球がその位置にさしかかると、チリの粒がまとめて地球の大気に飛び込んできます。地球が彗星の軌道を横切る日時は毎年ほぼ決まっていますので、特定の時期に特定の流星群が活動をするわけです。
このとき、地球に飛び込んでくるチリの粒はみな同じ方向からやってきます。それぞれのチリの粒はほぼ平行に地球の大気に飛び込んできますが、それを地上から見ると、その流星群に属している流星は、星空のある一点から放射状に飛び出すように見えるのです。流星が飛び出す中心となる点は「放射点」と呼ばれ、一般的に、放射点がある星座の名前をとって「○○座流星群」と呼ばれます。
流星の出現数ですが、流星群の放射点が地平線の下にあるときには、流星は出現しません。(放射点が地平線の下すぐにある場合には流星が出現することもありますが、数はわずかです。)流星群の活動に変化がないとすると、放射点の高度が高くなるにしたがって流星の出現数は多くなります。
ペルセウス座流星群は、毎年8月12〜13日ごろを中心に活動している流星群です。世界的に見ると、今年はおおよそ(日本時間で)13日の昼間に最も活動が活発になるだろうと予想されています(活動が最も活発になることやその時期を「極大」と呼びます)が、ペルセウス座流星群の活動は数日間続きますので、極大の前後にも流星の出現が期待できます。
その理由のひとつは、流星の出現数が多いことです。毎年、ほぼ決まって、たくさんの流星が出現し、1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」と並んで「三大流星群」と呼ばれています。十分に暗い夜空で晴天に恵まれれば、1時間に30個を越える流星を見ることができます。
もうひとつの理由は、夏休みやお盆休みの方が多く、夜更かしをしたり、星のよく見える場所に行ったりしやすいことです。
その他にも、夏なので夜でも暖かいことが挙げられます。三大流星群のうち「しぶんぎ座流星群」と「ふたご座流星群」は冬に活動するため、長い時間屋外で流星を観察していると、体が冷えてたいへん辛いことがあります。しかし、ペルセウス座流星群は夏のさかりに活動しますので、寒さについてあまり心配する必要がありません。(それでも、長時間屋外にいると普段より体が冷えますので、寒さには十分注意してください。)
また今年とくにお勧めする理由は、月明かりの影響を受けることなく観察できることです。明るい月があると、その明るさに邪魔されて暗い流星は見えなくなり、観察できる流星の数は減ってしまいます。同じ時期であっても月の状態は年によって違いますが、今年は、8月13日が新月ですので、月明かりの影響を受けることなく流星を観察できます。
(望遠鏡や双眼鏡を使用すると、見ることのできる範囲がたいへん狭くなるために、かえって観察しづらくなります。)
地域で考えると、日本全国どこでも見ることができます。(南半球の高緯度地域を除く、地球上のほぼ全域で流星が出現します。)
流星を観察する場所ですが、できるだけ、街灯など人工の明かりが少ない場所を選びましょう。流星などほとんどの天体が出す光は、街灯の明かりなどに比べるととても弱いものです。人工の明かりが少なければ、人工の明かりに邪魔されて見ることができなかった暗い流星も見ることができるようになり、それだけ、多くの流星を見ることができます。
また、大都市には人工の明かりがたくさんあります。大都市から離れることでも、暗い流星を見ることができるようになります。
ペルセウス座流星群の場合、夜半前(真夜中の0時より前)は放射点の高度が低いため、たくさんの流星が出現することは望めません。できれば、夜半後(真夜中の0時過ぎ)に観察をしたほうが、多くの流星を見ることができるでしょう。明け方に近くなるにしたがって放射点の高度は高くなりますので、なるべくなら空が明るくなり始める前まで頑張ってみることをお勧めします。
特に、今年のペルセウス座流星群の活動は13日の昼間に極大を迎えることが予想されていますので、13日の明け方は狙い目です。
今回のキャンペーンでは8月11日の夜から14日の朝までの期間に空を眺めるよう呼びかけています。しかし、その期間だけに流星群が活動するわけではありません。極大の前後数日間ずっと流星群は活動を続けていますので、極大の時ほど活動が活発ではないながらも、流星を見ることができるかもしれません。
ペルセウス座流星群の放射点はペルセウス座にありますが、放射点のある方向だけに流星が出現するわけではありません。流星は夜空のどの方向にでも現れます。ですから、放射点の方向にはあまりこだわらず、できるだけ空が広く見渡せる場所を選んで、空の広い範囲に注意を向けるようにしましょう。空をより広く見渡しているほうが、より多くの流星を捉える可能性が高くなります。
放射点近くに出現する流星は、こちらに向かって飛んでいるために短い軌跡の流星が多く、一方、放射点から離れた方向では、流星の軌跡を横から見ることになるために、長い軌跡の流星が多く観察されます。
星は日周運動によって動いているため、違う時刻には、星の見える位置がこの図とは違っていますのでご注意ください。(観察場所による差はあまりありませんので、東京以外でもこの図を利用できます。)
ひと晩のうちには、どの流星群にも属していない流星もいくつか出現します。このように「群」に属さない流星は「散在流星」と呼ばれます。また、この時期、出現数は少ないながらも、ペルセウス座流星群以外の流星群も活動しています。そのため、この時期に流星を見たからといって、その流星が必ずペルセウス座流星群の流星であるとは限りません。
自分が見た流星がペルセウス座流星群の流星かどうかを判断するには、その流星の軌跡を逆方向に伸ばしてみます。たどった先がペルセウス座流星群の放射点を通れば、その流星はペルセウス座流星群の流星である可能性が高いと考えることができます。(ペルセウス座流星群の流星は、その放射点を中心にして放射状に出現することを思い出してください。)
遅い時刻に屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子さんは、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。また、まわりの皆さんの迷惑にならないよう気をつけてください。
明るい屋内から屋外に出てすぐには、目が暗さに慣れていません。何分か屋外にいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
また、普段の生活では、夜の屋外で何十分もじっとしていることはなかなかないかもしれません。暖かい季節ですが、寒さには十分注意してください。普段外出するときよりも厚着をする、カイロを使うなど、寒さ対策を十分にして観察に望んでください。

 

戻る

ノーローンのサイトです。

ノーローンのサイトです。